講習会・事業









講習会・事業

[2018/08/06]  防火設備定期検査および特定建築物定期調査の実務講習のご案内

 平成28年6月1日に施行された改正建築基準法により、検査・調査資格者制度および定期報告対象建築物等の変更とともに、新たに防火設備定期検査報告制度が創設されました。
 一級・二級建築士については、これらの業務に携わる場合に、防火設備検査員または特定建築物調査員の資格を新たに取得する必要はありませんが、建築士の定期調査・検査の適切な実施及び定期報告制度の円滑な推進に資するため、この業務基準を作成している(一財)日本建築防災協会が発行のテキストをもとに本講習会を開催いたします。
※本講習は調査員及び検査員の資格を取得するための講習ではありません。